アンケートご協力のお願い:2018年12月1日、2日視覚リハ研究会・講習会

2018年12月1日、2日に開催された、日本歩行訓練士会視覚リハビリテーション研究会・講習会にご参加の皆さまに、アンケートへのご協力をお願いいたします。今後のより良い会の開催のために、ぜひご意見をお寄せください。

以下はアンケートフォームへのリンクです。フォームでの回答に不都合がある場合、大変お手数ですがご連絡くださいますと幸いです。

2018年12月1日2日アンケート

 

視覚障害者の駅ホームからの転落事故を防止するために 講演・意見交換会のご案内(一般の皆さまへ)

視覚障害者の駅ホームからの転落事故を防止するために
講演・意見交換会のご案内です。

1.開催日時:平成30年12月2日 日曜日 午前9時30分~14時30分
2.会場:公益社団法人 東京都盲人福祉協会
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-9-23  TEL 03-3208-9001
3.目的:視覚障害者の駅ホームからの転落事故が後を絶ちません。その要因をヒューマンエラーの視点から講演いただき、転落経験者の話題提供を受け、参加者が各々の立場で事故対策に関して意見交換することで、転落事故を防止する一助となることを目的とします。
4.プログラム
9時 ~ 9時30分 受付
9時30分~9時40分 開会挨拶:会長
9時40分~11時    講演
成蹊大学 理工学部 システムデザイン学科 教授 大倉 元宏氏
「視覚障害者の駅ホームからの転落事故を防ぐために―ヒューマンエラーに関連して―」
11時~11時30分   質疑応答
11時30分~12時30分 休憩
12時30分~14時30分    話題提供・グループ討議
12時30分~12時50分 転落経験者の話題提供①
荒川 明宏氏   株式会社 ラビット
12時50分~13時10分  転落経験者の話題提供②
吉本 浩二氏  ICTメーカー勤務/大学非常勤講師
13時10分~13時20分 質疑応答
13時20分~13時25分 グループ討議 オリエンテーション
13時25分~13時55分 グループ討議
「視覚障害者の駅ホームからの転落を防止するために、
自分にできること」
13時55分~14時15分  グループごとに発表
14時15分~14時25分  総評:大倉 元宏氏
14時25分~14時30分  閉会の挨拶  副会長
5.主催:日本歩行訓練士会
6.定員:80名
7.参加費:2,000円
8.申込み方法:
以下の5点をご記入の上、申込先までFAXかメールにてお申し込みください。
①ご氏名 ②ご所属 ③ご連絡先 ④日本歩行訓練士会の会員、非会員
⑤E-mailアドレス
視覚障害の方のみ、当日配布資料データ―の要、不要。

<申込先>
〒538-0042 大阪市鶴見区今津中2-4-37
日本ライトハウス養成部内 日本歩行訓練士会事務局
TEL: 06-6961-5521; FAX: 06-6968-2059
E-mail: nippokai@lighthouse.or.jp
9.申し込み締め切り:平成30年11月25日(日)
尚、定員になり次第締め切ります。

このご案内とFAX申込書が一つになったPDF、またはワード文書は、以下のリンクからダウンロードできます。

日本歩行訓練士会12月イベントご案内文PDF
日本歩行訓練士会12月イベントご案内文ワード
以上です。