【アンケート受付追記】2019年度日本歩行訓練士会夏季研修会のご案内

下記の研修会の参加者の方にアンケートをお願いしております。

夏季研修会1日目用アンケート

https://forms.gle/4HGYygqLQKSciNRF9

夏季研修会2日目用アンケート

https://forms.gle/4KEZRHm3pbwNprXH7

どうぞよろしくお願いします。
以下は2019年度日本歩行訓練士会夏季研修会のご案内です(会員限定)
同じ内容のPDFはこちら2019年夏季研修会 案内

1.日時:2019年7月6日(土)
10:00~17:00(講習会・研究会)
17:30~20:00(懇親会)
2019年7月7日(日)
9:30~14:30 (研究会)

2.場所:神戸臨床研究情報センター(TRI) 第2、第3研修室
〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町1丁目5-4
TEL:078-306-3655
ポートライナー(神戸新交通)医療センター駅 三宮から12分
神戸空港から6分
3.参加対象者:両日とも会員(歩行訓練士)のみ
4.参加費:1日につき500円(資料代等)
5.参加申し込み方法:以下のどちらかでお願いいたします。
締切は6月28日(金)です。
①ホームページ(こくちーず)にてご登録ください。
https://kokucheese.com/event/index/567103/
②申込用紙をFaxもしくは事務局宛にE-mailでお申し込みください。
尚、総会を欠席される方は、FAXにて委任状をお送りいただきますようお願いいたします。
6.内 容:
7月6日(土)(資料代等 500円)
9時30分~   受付
10時~10時30分 会長挨拶・自己紹介
10時30分~12時30分 講習会
10時30分~11時30分
「身体障害者程度等級表(身体障害認定基準)の一部改正について」
仲泊聡氏 (眼科医、理化学研究所、NEXT VISION)
11時40分~12時30分
「視覚障害者の歩行環境改善への取り組みについて」
角田フローラ華子氏 (大阪府立大阪南視覚支援学校)
12時30分~13時30分  休憩
13時30分~14時30分  総会(内容については別紙参照下さい)
14時30分~14時50分  休憩
14時50分~17時   研究会(事例報告:1事例30分―質疑応答含む)
14時50分~15時20分
「聴覚情報を最大限に活用した中途視覚障害者の歩行訓練事例」
小林 章氏(日本点字図書館 自立支援室)
15時20分~15時25分 休憩
15時25分~15時55分
「大分県での歩行訓練士の業務事例」
神屋 郁子氏(大分県盲人協会)
15時55分~16時 休憩
16時~16時30分
「滋賀県立盲学校における歩行訓練事例」
佐藤千晶氏 (滋賀県立盲学校)
16時30分~16時50分 まとめ
16時50分~17時 諸連絡 閉会の挨拶
17時30分~20時 懇親会
会場:神戸餐館 (コウベサンカン)中華バイキング飲み放題
ポートライナー市民広場駅より徒歩1分  078-302-5288
http://kobesankan.com/  会費:3000円(20円カンパ含む)

7月7日(日) (資料代等:500円)
9時 受け付け
9時30分~9時40分 開会の挨拶
9時40分~10時25分
エコモ財団 研究・活動報告
「公共交通機関における視覚障害者誘導用ブロックの敷設実態と課題
―歩行訓練士の視点から―」
谷映志氏 (国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局
神戸視力障害センター)
10時25分~10時35分 休憩
10時35分~12時5分
「バリアフリー整備ガイドラインの改訂について
-視覚障害者誘導用ブロックに関連して-」
澤田大輔氏(交通エコロジー・モビリティ財団)
12時5分 ~12時10分 諸連絡
12時10分~13時10分 休憩
13時10分~14時30分 シンポジウム
「全国各地の訪問歩行訓練事業について」
~ いつでも、どこでも歩行訓練を受けられるシステムを! ~

駅等での事故の報道を聴くたびにホームドアなどのハード面の改善とともに、歩行訓練士による歩行訓練や歩行相談をいつでも受けられる環境が改めて重要であると思っています。しかし、歩行訓練士による訪問歩行指導等の歩行訓練事業はまだまだ不十分、不備な地域も多い現状です。また事業があっても多くの人に周知されていない状況もあります。そこで全国の訪問歩行訓練事業の状況を共有し、必要な方には受けていただくことができるような状況になることを願ってシンポジウムを開催したいと思います。

<シンポジスト>
京極 裕子氏 (京都ライトハウス 鳥居寮)
良久 万里子氏 (鹿児島県視聴覚障害者情報センター)
古橋 友則氏 (静岡 NPO法人六星 ウイズ蜆塚)
堀内 恭子氏 (大阪 日本ライトハウス養成部)
<コーディネーター>
森一成氏  (神戸アイライト協会)

アンケートご協力のお願い:2018年12月1日、2日視覚リハ研究会・講習会

2018年12月1日、2日に開催された、日本歩行訓練士会視覚リハビリテーション研究会・講習会にご参加の皆さまに、アンケートへのご協力をお願いいたします。今後のより良い会の開催のために、ぜひご意見をお寄せください。

以下はアンケートフォームへのリンクです。フォームでの回答に不都合がある場合、大変お手数ですがご連絡くださいますと幸いです。

2018年12月1日2日アンケート

 

視覚障害者の駅ホームからの転落事故を防止するために 講演・意見交換会のご案内(一般の皆さまへ)

視覚障害者の駅ホームからの転落事故を防止するために
講演・意見交換会のご案内です。

1.開催日時:平成30年12月2日 日曜日 午前9時30分~14時30分
2.会場:公益社団法人 東京都盲人福祉協会
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-9-23  TEL 03-3208-9001
3.目的:視覚障害者の駅ホームからの転落事故が後を絶ちません。その要因をヒューマンエラーの視点から講演いただき、転落経験者の話題提供を受け、参加者が各々の立場で事故対策に関して意見交換することで、転落事故を防止する一助となることを目的とします。
4.プログラム
9時 ~ 9時30分 受付
9時30分~9時40分 開会挨拶:会長
9時40分~11時    講演
成蹊大学 理工学部 システムデザイン学科 教授 大倉 元宏氏
「視覚障害者の駅ホームからの転落事故を防ぐために―ヒューマンエラーに関連して―」
11時~11時30分   質疑応答
11時30分~12時30分 休憩
12時30分~14時30分    話題提供・グループ討議
12時30分~12時50分 転落経験者の話題提供①
荒川 明宏氏   株式会社 ラビット
12時50分~13時10分  転落経験者の話題提供②
吉本 浩二氏  ICTメーカー勤務/大学非常勤講師
13時10分~13時20分 質疑応答
13時20分~13時25分 グループ討議 オリエンテーション
13時25分~13時55分 グループ討議
「視覚障害者の駅ホームからの転落を防止するために、
自分にできること」
13時55分~14時15分  グループごとに発表
14時15分~14時25分  総評:大倉 元宏氏
14時25分~14時30分  閉会の挨拶  副会長
5.主催:日本歩行訓練士会
6.定員:80名
7.参加費:2,000円
8.申込み方法:
以下の5点をご記入の上、申込先までFAXかメールにてお申し込みください。
①ご氏名 ②ご所属 ③ご連絡先 ④日本歩行訓練士会の会員、非会員
⑤E-mailアドレス
視覚障害の方のみ、当日配布資料データ―の要、不要。

<申込先>
〒538-0042 大阪市鶴見区今津中2-4-37
日本ライトハウス養成部内 日本歩行訓練士会事務局
TEL: 06-6961-5521; FAX: 06-6968-2059
E-mail: nippokai@lighthouse.or.jp
9.申し込み締め切り:平成30年11月25日(日)
尚、定員になり次第締め切ります。

このご案内とFAX申込書が一つになったPDF、またはワード文書は、以下のリンクからダウンロードできます。

日本歩行訓練士会12月イベントご案内文PDF
日本歩行訓練士会12月イベントご案内文ワード
以上です。